身長の伸びをあまり期待できないサプリの特徴

身長を伸ばすためには、サプリメントの利用することが肝心です。様々な成分を効率的に摂取できる、といったうれしいメリットがあるのです。仮にサプリメントに含まれている栄養素を食事から摂取する、というのは簡単なことではありません。大量に食菜変えればなりませんし、お子さんの苦手な野菜を食べさせなければならない、といった状況にもなりかねないのです。

今回は、身長系サプリメントのサプリについてお話します。駄目なタイプのサプリについて紹介するので、サプリメント選びの参考にしてもらえたら幸いです。

・カルシウムだけを高配合しているサプリメント

カルシウムには確かに、骨に対して良い作用があります。しかし、身長はカルシウムだけで伸びているのではありません。様々な成分が利用されているので、身長系サプリメントも当然、様々な成分をしっかりと含んでいることが必要になってくるのです。

ちなみに、カルシウム自体には身長を促進させる直接的な機能はありません。あくまでサポート機能のみがあるので、高い期待ができないのです。

・アルギニンだけを高配合しているサプリメント

アルギニンに関しては、成長ホルモンを刺激してくれる機能があります。身長を伸ばす作用があることは確かですが、やはりアルギニンだけを含んでいるサプリメントには問題があるのです。カルシウムと同じく、アルギニンだけを摂取していてもダメです。ビタミンやミネラルなどをバランスよく配合しているものでなければ、身長を伸ばすだけの作用は期待できません。

さらに、アルギニンで成長ホルモンを加速させる、といったことですが、余程大量に摂取しなければ難しい、とされています。一般的な身長系サプリメントに含まれているアルギニン量は限定的なので、高望みは出来ないのです。

・成長ホルモン系スプレー

スプレーは、鼻や口内の粘膜に向かって成長ホルモンを含んだ物質を吹き付けるものです。成長ホルモンが体内に吸収されるとのことで、身長に役立つのではないか、とされています。

しかし、スプレータイプに関しては、高い効果がないことが分かっています。そもそも、鼻や口島行った粘膜からは、タンパク質などの大きめの分子はほとんど吸収されないことが分かっているのです。また、スプレーと言っての分子が大きければ飲み込むことになってしまいます。飲み込むと胃で胃酸によって分解されてしまうので、ほとんど意味がありません。

スプレータイプを利用するのであれば、サプリメント(錠剤・カプセル)を利用するのがおすすめです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ