ミノキシジルの低血圧関連の副作用

発毛成分・ミノキシジルの代表的な副作用になるのが「低血圧」です。実際に、ミノキシジルにより低血圧の状態になると、どういった状況になってしまうのか、といったことについて解説します。ミノキシジルを利用しようと思っている方には、必見のテーマになります。リスクを把握しないまま利用するのは、絶対に避けてくださいね。

低血圧は身体に多くの影響を与えてしまう

・頭痛やめまい、さらに偏頭痛が起きる

低血圧になると、特に心臓から遠い部位に問題が出てきます。その一つが頭部です。脳に血が効率的に送られなくなってしまい、頭痛になってしまったり、めまいや偏頭痛が起きてしまうのです。

考えてみてください。ミノキシジルは全身の血行を良くするために飲むわけです。頭皮にも血が行き渡ることを想定しているわけですよね。それとは全く逆効果の状況が副作用で現れてしまうかもしれません。

ミノキシジルを利用して、頭部に血が行き渡らなくなったら本末転倒も良い所です。

ちなみに、低血圧の症状と一緒に現れやすいのが冷えです。血の巡りが悪くなると、手足などに冷えの症状が出てきます。ミノキシジルを利用してから、もしも冷えの症状が出た場合には、血圧に問題が出てきているサインなので見逃さないようにしましょう。

・眠りに関する問題が出てくる可能性もある

不眠や目覚めの悪さ、といった症状か出てくる可能性も指摘されています。具体的には、血流が活発になりすぎて眠りが浅くなってしまうこともあるのです。穏やかな状態でなければ人間は深い眠りにはつけません。

眠りに問題が出てくるとストレス解消ができません。ストレスには薄毛を促進させる昨日もあるので、眠りに関する副作用はかなり重大です。

・消化器系に問題が出てくることもある

食欲不振や吐き気、さらに下痢や便秘、他にも腹痛といったものが出てくる可能性が指摘されています。特に飲むタイプのミノキシジルタブレットについては、消化器系の問題が圧倒的に起こりやすいので注意してください。

一方のリアップなどの塗布型については、こちらの副作用は基本的に心配ありません。

・動悸や息切れ、さらには不整脈

こちらの症状が現れた場合には、大きな健康被害が差し迫っています。すぐに利用はストップしてください。心臓に負担が出ている可能性が高まっています。

動悸・息切れ・不整脈の状態を放っておくと、命にも関わります。薬との相性が合わない可能性も出ているので、すぐに利用をやめてくださいね。ひどい場合は医療機関で調べてもらいましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ