タマゴサミンに含まれるコンドロイチンとは

タマゴサミンにはコンドロイチンが含まれています。しかし、一般的なコンドロイチンとは少し様子が違うのです。

こちらではタマゴサミンに含まれているコンドロイチンについて解説します。

■濃縮されたコンドロイチンが含まれている

・コンドロイチンが70%も含有している!

一般的なコンドロイチンは20%の濃度なのです。ですから、20%タイプを利用していると、非常に薄い状態で摂取していることになります。しかし、タマゴサミンに含まれている濃縮コンドロイチンに関しては、70%も含まれています。一般タイプに比べると3.5倍もコンドロイチンが含まれていることになります。

タマゴサミンにおいて、1日あたりの濃縮コンドロイチンの摂取量は85ミリグラムです。ですから、一般の20%タイプのコンドロイチンに換算すると、約300ミリグラムに相当するわけです。大量のコンドロイチンをより効率的に摂取できるのがタマゴサミンの強みでもあります。

■コンドロイチンを活かすiHAも含まれている

コンドロイチンは摂取してもそのまま活かされるのではなく、一度分解されて再生されます。その再生に関わるのがiHAなのです。

タマゴサミンでは、コンドロイチンとiHAのコラボレーションが期待できますよ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ